口腔外科

歯科口腔外科(親知らず、顎関節症、口内炎)

歯科治療では虫歯の治療や歯周病の治療がメインとなりますが、ほかにも様々な病気の治療も行っております。例えば親知らずの抜歯です。

親知らずとは、永久歯の中で最も後ろに位置する歯で第3大臼歯が正式な名称で、上下左右4本生えてくる可能性があります。
生え始める時期が10代後半から20代のため、親の手から子供が離れ親が知らぬ間には生えてくる歯であることからこの名がついたとも言われています。

現代においては4本全て真っ直ぐに生えることは稀で傾いて生えたり、歯の頭の一部分が少し出ていたり完全に骨に埋まっている状態、もしくは最初から存在しない場合もあります。

親知らずの痛みの原因

親知らずは、歯肉が部分的に被っていることが多くそのため歯ブラシなどの清掃器具が届かず炎症を引き起こし周囲の歯肉、筋肉や骨にまで炎症 が波及することで痛みが伴いアゴの周り腫れあがり口が開きづらくなってしまいます。また親知らずの生え始めの前にある歯を押したり歯茎を突き破り生えてく るので痛みを伴う時もあり、歯ブラシが当たらないことによる虫歯の痛みなどがあります。真っ直ぐに生えている親知らずは抜歯せずに通常の治療を行います。

抜歯をしたほうが良い歯とは

  • 親知らずが半分顔を出した状態で食べ物が詰まりやすく、虫歯によって痛みがある時
  • 親知らずの周りの歯肉がたびたび化膿して腫れを繰り返す時

親知らずの抜歯

  • 親知らずの抜歯は、上の歯より下の歯のほうが難しい(骨の硬さ、顎にある大きな神経が近いため)
  • 年齢が若い方が抜きやすい(年齢を重ねると顎の骨と歯が癒着してくる時がある)
  • 抜歯する根の形態がシンプルで曲がったり膨らんでいない(根が曲がっていたり骨を抱きかかえているような歯は抜歯が難しい)
  • 生えている位置が浅い方が抜きやすい(深く埋まっている場合、骨を沢山削ったり、顎の神経や血管などを傷つけやすい)
  • 虫歯の進行が低い方が抜きやすい(虫歯の場合、抜歯を行う際に使用する器具が引っ掛からなかったり、掴んだりしにくくなるため)

顎関節症

顎間節症とは耳の穴付近にある顎の関節や口の開閉時に使用する筋肉等の痛み、開閉時にみられる音、開口障害ないし顎運動異常のことを指します。特に若い女性に多くみられます

原因

  1. 生活習慣(頬杖を突く、いつも横を向いて寝ている、歯ぎしり、くいしばりなど)
  2. 歯科治療(被せもの異常、合わない入れ歯、矯正治療など)
  3. その他(仕事や周りを取り囲む環境の変化、プレッシャーやストレスなど心理的なもの)

これらの要因が不雑に絡みあい発症すると言われています。

治療法

当院における治療法は生活習慣の確認(くいしばり、歯ぎしりなどの有無)を行い、口の開閉時に使う筋肉のストレッチやマッサージ、就寝時のはぎしり防止のマウスピースなどを使い治療致します。

※こちらの受付サービスは予約ではありません。

医院名 みなみ平歯科クリニック
院 長 為国 大輔
住 所 〒191-0041
東京都日野市南平9‐44‐4
診療時間 午前:9:30 - 13:00
午後:15:00 - 20:00
水曜祝日休診
※1 土曜日午後は15:00~18:00まで
※2 日曜日は9:30~14:00まで(お昼休憩なし)
電話番号 042-594-9339

診療科目

歯科, 小児歯科, 歯科口腔外科, 矯正歯科
みなみ平歯科クリニック

「どんな治療法があるの?」
「治療にかかる期間は?」

疑問に思う事など、
何でもお聞きください。
ご相談だけでも問題ありません。